--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-23(Tue)

榊一郎作品

 何気に同人作品以外の単行本分はコンプリートしていたり。
 ポリフォニカ等のDVDのオマケ小雑誌は除きますが。

 何気なくBook Offで立ち読みしたドラゴンズウィルに泣かされて、当時発売していたスクラップドプリンセス1~8巻(多分)とストレイトジャケット1、2巻を新品買いした記憶があります。 しかもそれを今現在に到るまで後悔してません。


 私が一番好きなのは『ストレイトジャケット』
 ソーサリー・アディクト(魔法中毒患者)、ドメイン(魔力圏)、ダムキャスト(無音詠唱)等の独特且つ馴染みやすい世界観と用語に引き込まれます。
 甲冑を着込んで、ともすればビーム砲に見えるような物体と呼ばわって、激しい短期殲滅戦をする人々を魔法使いと呼ぶのはこの物語くらいでしょう(オイ)
 細かい話ですが、魔法使いではなく魔法士(ソーサリスト)と呼ぶのもかなり珍しいかも。
 普通、ソーサラーないしソーサレスと表記するのでしょうが、より職業的な響きです。

 地味めなところでお勧めしたいのが『世界で一番優しい機械 ~SOFT MACHINE~』
 予知能力による超早期警戒(諜報?)システムの構築計画『グラムサイト計画』の犠牲者である少女を中心に描かれる、ハートフルなストーリー。

 世間一般に、機械任せの作業というのは単調で冷たい印象がある事になっていますが、これはそんなお約束を打ち破ってくれます。
 誰もが夢見るであろう感情を持つAIが、異常動作を引き起こす可能性が極めて高いという理由によって違法とされている近未来的な世界。 偶然なのか、設計者の意思なのか、極めて穏やかな自我を持つに到った医療用の統括人工知能「キャロル」。
 人々の損益の為にその生命と在り方を損なわれた少女に、再び人の生を与えるために尽力するキャロル。
 自己保身が無い故の底知れぬ献身。 それはある種異常でありながら、恐らく通常の感性を持つものならばこれをして「優しさ」と呼ぶのでしょう、奇妙な矛盾。

 この物語は、勧善懲悪ではありません。エピローグのその後も、諸悪の根源は存在し続けます。正しきは罰せずなんて事すらありません。読者から見れば何がどうであろうと正義である人達が、法の下に裁かれます。それでもハッピーエンドです。
 感動する物語とは、このくらいの救いで十分。何もかも正される必要は無いと、そう思います。多分あの家庭用コンピュータ違法になっちゃったし(ちょっとネタバレ)
 私的には、超早期(未来予知)警戒による『事前報復』という矛盾バリバリな単語がツボです。この思想は、スクラップドプリンセスでは『Pシステム』としてドラグーンに標準装備されていましたね。


 クラック・ハウンドの二巻が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

プロフィール

死に神さん

Author:死に神さん
1985年2月16日生まれ。
A型。

好きなゲーム:WAシリーズ、B/Mシリーズ、SRWシリーズ、アトリエシリーズ、RCDシリーズ(GD含む)、OZ(コナミ) 絶体絶命都市2
 古いのでは超攻合神サーディオン、LIVE A LIVE、新世代ロボット戦記BRAVR SAGA、等。 

好きな漫画:どろ高、ランドリオール、+C、シューピアリア、Pumpkin Scisssors 、篠原烏童作品全般、Petshop of Horrors、イレブンソウル、スーパードクターK、ジエンド、藤田和日郎作品全般、究極超人あーる、他。

好きな小説:榊一郎作品全般、佐々原史緒作品全般、神様の用意してくれた場所、狼と香辛料、鋼殻のレギオス、空と月の王、やおろず、影執事マルク、聖工の末裔、他。




 迷惑コメントが間々ある為、コメントにhttp//を含む場合は弾かれるようにしてみました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
応援してるモノ
あの、素晴らしい  をもう一度/再装版
 自転車創業さん最新作。

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。